電験3種でお悩みことがありましたら、こちらからご相談ください!!

誘導機の等価回路と出力計算

スポンサーリンク
誘導機の構造

前回の記事でもご紹介しましたが、三相誘導電機械は固定子と回転しからできています。その断面に注目すると変圧器の断面とよく似ています。

一次巻線と二次巻線の間に空間(エアギャップ)があることが異なる点です。

誘導電動機の等価回路

誘導電動機の構造は変圧器とよく似ているので、誘導電動機の回路図(等価回路)は変圧器とほとんど同じになります。

大きな違いは変圧器は二次側が動きませんが、電動機は回転することです。なので、二次側回路の考え方が変圧器とは少しだけ違ってきます。

誘導電動機は二次巻線(回転子の導体)は短絡環で短絡されているので、等価回路でも短絡しています。また、二次巻線が回転するので、二次側電圧は変圧比とすべり s を考える必要があります。

このままでは、変圧器の時のように考えるのが難しいので、二次側を変圧器と同じ形で表すためにいかの変形をします。

これで、変圧器と同じ型にすることができました。

二次側電流\({}I_2\)とすると電動機の出力は

\({}P_2 = 3\frac{{}r’_2}{s}{}^{}I_2^2\)

と表せます。

また、二次入力\({}P_2\)は電動機の出力\({}P_m\)[W]と
二次巻線での銅損\({}P_c2\)[W]に分けられ消費されます。

その時の関係は、

\({}P_2={}P_m+{}P_{c2}\)

\({}P_2\):\({}P_m\):\({}P_{c2}\)=\(1\):\(1-s\):\(s\)

まとめ

クリックで拡大できます


 

タイトルとURLをコピーしました