電験3種でお悩みことがありましたら、こちらからご相談ください!!

大企業へも転職可能!?設備保全で強力な資格たち

スポンサーリンク
この記事でわかること
  • 設備保全とは
  • 転職で役立つ資格たち
  • 大企業へ転職するにはどうしたらいいの?
  • 転職活動にはエージェントを活用しよう

設備保全とは

工場の生産設備が安定して稼働し続けるために、パトロールや定期的な点検・整備、補修や更新の計画と実施を行う仕事を設備保全と呼んでいます。

製造工場には無くてはならない存在です。設備保全は主に、土建、配管、機器、電気、計装といった分野に分かれています。

各分野でのスペシャリストになることで、今よりも雇用条件のいい会社へ転職することも可能です。中でも、電気については、国家資格に電気主任技術者資格が存在するのでステータスを証明しやすいです。

転職で役に立つおすすめ資格

  • 電気主任技術者資格(通称:電験)
  • 高圧ガス製造保安責任者
  • TOEIC

電気主任技術者(電験)

最大出力500kW以上の電気設備の工事・維持・運用には必ず電気主任技術者が必要になります。

資格には、第3種、第2種、第1種とあり数字が小さいほど取り扱いができる範囲が広がっていきます。

電験は一番下の第3種でも毎年の合格率は10%前後となっています。

第2種に至っては5%前後の合格率となっており電気エンジニアとしてのステータスを証明するものとしては申し分ない資格です。

この資格しか持っていなくても、実務経験が5年以上あると、それなりには大手の求人紹介をして盛られることもあります。

高圧ガス製造保安責任者

化学系や石油系の製造所では特に必要とされることが多い資格です。

石油系の企業は給与水準が高いことで有名ですが、そういった業界への転職を狙うのであればぜひ取得しておきたい資格の1つです。

難易度は先ほどの電気主任技術者試験に比べれる優しめではありますが、合格にはそれなりに勉強時間が必要でしょう。

TOEIC

東証一部上場の企業では、国内だけでなく海外にも事業所や支店があることが多いです。

仕事で英語を使う場面も出てくるでしょう。また、海外メーカーの製品の方が安価であることから採用される場合もあります。

グローバル化が進む中で英語ができる方が活躍の場面も増えるので、転職でも評価の高い資格の一つです。

スコアとしては、600点以上あると申し分ないと思います。企業によって差はありますが、最低でも450点以上は欲しいところです。

大企業へ転職するにはどうしたらいいの?

転職で大企業へ行きたいならば、これまで紹介した3つの資格+実務経験5年

があると、製造業への応募で書類で見送りになる確率はかなり低くなります。

TOEICはもっていなくても、それほど影響はありませんが、他の応募者とより差をつけたいのであれば持っておいて損はないでしょ。

どちらかというと

実務経験>>資格

となっている企業も中にはあったりします。
その時の、採用側の空席状況次第なところが多いのかなと思います。

しかし、エージェントを利用しての転職活動で、面接に進むことができたなら、

面接対策を怠らなければ、内定はもう目の前といってもいいでしょう。

転職活動にはエージェントを活用しよう

最後に、転職活動の進め方について紹介します。

進め方としては主に2つあります。

  • 転職サイトを活用する
  • 転職エージェントを活用する

この2つの大きな違いとしては、日程調整や企業側との採用条件の交渉を自分でやるか、専門家にやってもらうかです。

日程調整はまだしも、採用時の年収の交渉は自分でやるのは気が引けるという方も多いかと思います。転職エージェントを利用すれば、採用条件の交渉はエージェントが間にはいって行ってくれるので、気兼ねなく希望を伝えることができると思います。

年収アップを目指してのハイクラス転職ならJAC Recruitmentがおすすめです。

ハイクラス転職が狙えるステータスの方を対象としているエージェントなので、紹介していただける求人のレベルもかなり高いです。

JAC Recruitmentではレベルが高すぎると感じる方には、マイナビエージェントがおすすめです。

こちらも優良企業の求人紹介をしてくれます。対象者がハイクラスのみに絞っているわけではないので、とりあえず情報収集からという方にはお勧めできます。

タイトルとURLをコピーしました